2010年02月26日

症例報告3 頭痛を伴う10年来の肩こり、背中の張り

31歳 女性 仕事は1日中デスクワーク

10年前から慢性的に肩こり、背中にかけても張りが強い。
特に首筋から肩にかけてのコリが強く、疲れが重なると頭痛も感じる。

<1回目>
問診時にも背中が丸まり猫背がくせになっている。立位では左肩が上がり
触診では右肩から背中にかけての筋肉の緊張が強い。
首の動作テストでは首の伸展、触診通り右側の筋肉の可動域の制限が見られる。
今日は頭痛はないとの事。腰から背中、肩まわりの上半身をきちんと施術してから
首の筋肉も重点的に行う。途中ストレッチなども取り入れて首の可動域を回復させる事を意識。
実感は薄いようだが施術後は首の可動域は良くなった。

<2回目> 1日後の来院
施術後のもみ返しはなかったが来るときに右側のこめかみ辺りから頭痛を感じる。
今までは頭痛でもどこという感じでは感じられなかった。
筋肉の緊張と血流が改善し今までより感度が上がったため痛みがはっきり感じられるようになったと説明する。
今回も上半身を中心に肩首を重点的に施術するが、腕、上半身前部の筋肉も施術して
肩甲骨が本来の位置に戻りやすくできるように意識して施術。
この機会にぜひ集中して改善したいとのこと。

<3回目> 2日後の来院
仕事中はやはり肩こりを感じるし、頭痛も出るが前回に比べればだいぶ良い。
前回同様上半身、首肩を重点的に今回は顔の表情筋、頭まわりにもアプローチ。
首から上は初めて施術を受けたが血の巡りが良くなったことを実感。リラックスできたとのこと。
普段の生活でも施術の効果を持続させるべく座り方の指導。

<4回目> 1日後の来院
今回は頭痛を感じなかったとの事。
筋肉の硬さも初回に比べると明らかに柔軟性が増してきて上がっていた左肩もバランスがとれてきた。
今回は全身の調整と首肩周りも重点的に施術。
次回は仕事で少し間が空いてしまうという事なので肩甲骨を動かす体操の指導、
仕事で固まるのは仕方がないのでその分自分で意識的に運動してもらうようにアドバイス。

<5回目> 4日後の来院
まだ若干肩こりが気になるが頭痛は起きなかった。今度は下肢のむくみが気になるようになった。
前回足を施術した時に筋肉の緊張は感じたが本人も気づいた様子。
体操をきちんとやってるからか筋肉がゆるむ反応が非常に良い。

<6回目> 3日後の来院
首筋、肩こりも施術後の状態が持続するのを実感できるようになった。
ただ日が経つと肩甲骨間の張りは感じたとのこと。
座り方の意識、体操は引き続き継続しているとの事。筋肉の柔軟性もかなりの改善が見られたため
次回からは1週間のメンテナンスで日頃のデスクワークの疲れをとる事になった。


この場合は日常のデスクワークを積み重ねるうちに首肩が慢性的に辛くなり
自分でも回復しづらい状況が出来上がってしまったようです。
確かに実時間を考えれば仕事中ずっと座りっぱなしで筋肉を伸び縮みさせる機会がなく固める一方なので当然の話です。
特にマウスを使い続ける影響からか上半身右肩の筋肉の緊張が強く、
筋肉が短縮することで左肩が上がっているように見てたのだと思います。

頭痛に関しては疲れが溜まった時など明らかに状態による波があり、
頭につながる首、肩の筋肉が緊張して頭が引っ張られるような形になったこと、
また筋肉が固まることによる血流の低下も関係していたと思います。
ですので2回目で感じた右側の頭痛も想定できる症状でした。

本人もこういった施術は初めてとのことで、
施術した時の実感もあまり聞かれず正直戸惑ったところもありましたが、
本人の改善したいという意識と体操をしっかり実践してくれたことによって
より早い段階での改善がみられたと思います。

ほしのカイロプラクティック 星野淳史
posted by ほしのカイロプラクティック at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

症例報告2 急激な右腰の痛み

34歳 女性 デスクワーク

3日前に朝日課にしているヨガをしたあたりから右腰に違和感を感じる。
日中にかけて徐々に痛みが増して動くのも困難な状況に。
中学生ごろから身体のコリ、腰痛も慢性的にありいわゆるぎっくり腰も2回ほどやった事がある。
仕事を休み痛みが少し落ち着いた所で来院。

<1回目>
本人によると腰と首も反らすのが怖いとの事。
姿勢も背中が丸まり頭と骨盤が前に出るような姿勢。
腰の前屈は問題ないが左右に倒す、後ろにねじる時に痛みが出る。
背部、腰部の筋肉の緊張が特に強い。
全身の筋肉の緊張を感じるが、腰痛がある分下半身が余計に緊張している。
腰背部はさることながら緊張の強い脚の筋肉への施術も重点的に行う。
本人も脚の自覚はなかったのか押されて痛みを感じることが意外だった様子。
施術後は腰の痛み、可動域ともに回復したが腰を反らす怖さはまだあるとの事。

<2回目> 1日後の来院
今日から仕事に復帰。座り続けているとやはり腰は辛くなる。
腰を中心に周りの脚、背部の筋肉も施術。
デスクワークなので背部、肩の筋肉も緊張している。
良い姿勢の座り方の指導と筋肉が余計な緊張をさせないように適度に運動させる事をアドバイス。

<3回目> 1日後の来院
腰の痛みは少しだけ残る感じがするがだいぶ良くなった。
肩周りの調子が良くなり背筋も以前より楽に伸ばせるようになった。
腰を反らせるのはまだ怖いとの事。
デスクワークで股関節前部を屈曲させていることが多いため、
股関節を伸ばす体操を指導してより腰の負担を減らし動かしやすくできるようにアプローチしてみる。

<4回目> 1日後の来院
仕事が忙しくどうしても座りっぱなしなので背中から腰にかけて辛い。
脚部、腰背部、肩周りを中心に恐怖心のある腰を反らせる動きも動かさないままでは
余計に硬くなってしまうので、無理なく少しずつ伸ばせるように体操を指導。

<5回目> 4日後の来院
間は空いたが腰の調子は良好。体操も続けている。
昨日は友達とバス旅行で長時間バスに乗っていたが影響はない。
動きによってはまだ右腰が気になる。
施術もこれまで同様全身を調整し、今度は無理のない立ち方を指導する。

以降1〜2週間のペースで体調管理のために継続して来院中。


今回の腰痛はヨガをきっかけに発生しましたが、
それ以前にデスクワークで腰はもとより周りの背部、そして脚まわりも固まってしまうことでの腰への負担増加と、
その状態でヨガの形をとるために余計な力を入れてしまっていたのが大きな要因だと予想しました。

慢性的な腰痛や過去にぎっくり腰などを経験していると
かばおうと本人も意識しないところでまわりに力を入れてしまっていることがあります。
結果的に守ろうと力を入れている周りの筋肉が逆に腰を”引っ張る”形になり動きを妨げてしまっているようでした。

ヨガは独特の呼吸法と筋肉のストレッチ効果も高く体調の自己管理、健康増進に大変効果的です。
しかしあまりにも一生懸命になりすぎて形ばかりに意識がいってしまうと知らぬ間に力んでしまっていると逆効果になります。
あくまで自分のできる範囲でちゃんと自分の筋肉が力むことなく伸ばされているかどうかをきちんと感じながら、
そしていっぺんに詰め込みすぎず少しずつでも継続し続ける事が大切です。

ほしのカイロプラクティック 星野淳史
posted by ほしのカイロプラクティック at 15:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 症例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

症例報告1 慢性的な首肩のコリから重度の痛みへ

41歳男性 仕事はデスクワーク、外回り半々

物心ついた時から慢性的な首、肩の痛みは感じていたものの、
2週間前から首の痛みが激しくなる。デスクワーク時の姿勢が悪いと自覚している。
最近仕事、私生活でも忙しくなり心身共に疲れ気味の様子。

<1回目>
首周り全体の可動域の低下、当然動作時にも首の痛みがある。
後頭筋群から頚肩部にかけての強い緊張が見られる。
背部から腰部にも左右のバランスの違いがみられたので、
上半身の腰部、背部の筋肉をゆるめてから頚肩部の施術に入る。
動作、施術でも痛みを強く感じていたので確認しながら施術の強さを調整。
普段の生活でも頚肩部の負担を減らせるように座り方のアドバイス。

<2回目> 2日後に来院
前回よりも首の痛みは良くなってきたとの事。
前回同様特に上半身を中心に首肩の施術。前回よりも施術時に感じる痛み軽い。
背部の硬結した筋肉へのアプローチと同じく上半身を丸まらせてしまっている
上半身前部の筋肉を伸ばす事を意識して施術。

<3回目> 3日後に来院
首の痛みもまだ頭の付け根の方に少し残る感じがあるが、
肩から腰にかけての調子が良いとの事。今回からはまた繰り返さないために全身のバランスの調整、
さらに頚肩部への施術。普段の生活でも柔軟性を取り戻すように肩周り、首の体操を指導。

<4回目> 3日後の来院
首を回すと痛みはあるが普段は痛まなくなったとの事。
全身のバランス調整と引き続き首周りを重点的に施術。
「教えられた体操だと首の痛みを感じない」とのことで、引き続き体操のおさらいと普段の生活でも実践してもらう。

<5回目> 2日後の来院
初めて来た時の首の痛みはなくなったとの事。
ただ元々の状態が良くないという自覚があるので不安はある。しっかり治したいとの事で、
全身の調整に首肩も重点的に施術。

<6回目> 1週間後の来院
出張があり、1週間を空いたがここ数年で最も首の調子が良いとの事。
間が空いた分筋肉の緊張は少し強く感じたが、普段の生活でも体操を続けていただく事、
筋肉を固めっぱなしにしない事を意識してもらうようにアドバイス。

以降2週間ペースでのメンテナンスを継続中。

最初の問診時には痛みとストレスのせいか表情もかなり硬く、筋肉の状態もかなり緊張していました。
施術の痛みもかなり強く感じてたので痛みのある首を中心にするよりまず肩周り、上半身の筋肉を弛めつつ、
徐々に首の施術の強さも上げていきました。
話を聞くとマッサージにはよく行っていたが、同じ人には担当してもらっていなかったとの事で、
きちんと計画を立て、継続していただいた事によってより効果が表れたと思います。
また日頃の運動不足も痛感されたとのことでしばらく遠のいていたスポーツジムも通うようになり
きちんと運動していただいた事も良い結果につながったと思います。

ほしのカイロプラクティック 星野淳史
posted by ほしのカイロプラクティック at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする